​ひきこもりについて

率直に申し上げます!

ひきこもりはライフスタイルです。

法的に侵さず、経済的に許されれば、ひきこもってOKなんですよ。

あとは共存している家族との折り合いが大切です。

もちろん、コミュニケーションをとりたくない場合もあります。

そっとしてほしいですよね。

無理に自立や社会復帰に焦って行動する必要はありません。

私自身、疑問に思うのは、なぜ自立するのに見ず知らずの方々と共同生活をして、わけのわからない施設が勝手に作ったルールを守らなくてはいけないんでしょうか?法的に犯して刑務所に入るのなら

その環境でのルールは守らなくてはいけません。

しかし、社会から孤立したからといって、無理に自立支援施設に入り、美術、粘土、畑仕事、運動、座談会なんかをやってもいいんですが、当事者本人が受け入れられなければ何も解決されませんよ。

​ひきこもって10年・20年になる当事者もいるでしょう。

​共存する家族も将来が心配になってしまっているのが現実です。

まず、最初にやらなければならないのは、自立だとか社会復帰の前に、共存する家族含めた家計がどこまで成り立ち、あとどのくらいで破綻してしまうかを現実的に把握することです。

​そして、破綻しない為に準備をしっかりと、すればよいのです。

もしよろしかったら、その準備のお手伝いをさせていただきます。

準備の方法は、たくさんのパターンがあり、当事者の方や家族の思いや目標があるので人それぞれだと思います。

私は、たくさんの人生経験をしています。

だから必ずお役に立てると確信しております。

よろしくお願い申し上げます。​

​ご相談はこちらから →

大河原ライフプラニング
代表:大河原 康
​ひきこもり支援相談士・心理カウンセラー・ファイナンシャルプランナー
〒208-0021東京都武蔵村山市三ツ藤3-50-3
☎:042-560-4936  FAX:042-560-4421
E-mail:okawara0912@gmail.com