​登校拒否の方へ

636312.jpg
2146795.jpg

ひとこと言って、登校拒否は「天使の眠り」なんです。

今の時代、義務教育とはいえ、強制的に学校に行かせてスパルタ教育する時代ではないですね。

私は、高校3年生の卒業式3ヶ月前から登校拒否になりました

それまでの学生生活は派手で、学園内の人気者でヒーローでした。学園祭では大活躍で女子からもファンクラブができました

また、部活動も硬式テニス部でナンバーワンの位置で活躍しました。高校3年になりオートバイが好きだったので、親戚のオートバイ事業の会社に就職するつもりでしたが、そこの社長が後出しで難易度の高い専門学校に行くように当然言われました

私は勉強をほとんどやらなかったので、専門学校の受験に落ちました。そして「挫折」してしまい、今までの学園のヒーロー

をやめて、学校に行かなくなりました。卒業式の日も遅刻して

行く始末です。その後もひきこもり、現実逃避をする毎日でした。

今の時代は、登校拒否もライフスタイルのひとつかもしれませんね。前述した私が経験した時代の時の登校拒否とはニュアンスが違います。

しかし時代が変わりましたが普遍的なものがあります。

それは、当事者の皆様は若さゆえに「きっかけ」や「可能性」

が無限にあるということです。この「きっかけ」や「可能性」

をよろしかったら、私と一緒に、ご家族の方々含めて探して

​みませんか?焦る必要はありません。1年だろうと3年かかってもいいんです。

あと、いじめが原因で「トラウマ」になってしまい、前向きな人生を諦めてしまうケースがあります。最悪の場合は当事者が

自殺してしまいます。私もいじめられたり、パワハラ、モラハラを受けた体験はあります。また、精神障害者になり「差別」

「いじめ」も50歳を過ぎて体験しております。

しかし、おかげさまで復活して立ち直ると、自分の人生経験やこのような問題や事例を研究すると当事者にとって、たくさんの解決方法や無限の可能性があることに気づきます。

​よろしかったら是非ご相談下さい。

1222396.jpg

​初回ご相談無料(2時間)詳しくは→