​精神疾患について

私も40歳から双極性障害になり13年経過して当事者の一人です。そしてこの13年間、ありとあらゆることをしてきました。

たくさんの、当事者や家族を含めた入院仲間や自立支援施設の仲間

そして相談者など100人以上の方々から、いろいろと話しましたが、結論的に感じることがあります。

シンプルですよ。

調子の良い時は、出来ることをやればいいだけです。

調子が悪ければ、何もやる必要はありません。

また、無理にリズムを作っても意味がないことに気づきます。

​突然襲ってくる、精神障害の怖さは、私も体験済みです。

これは、健常者でも精神科医でも、当事者になってみないとわからないことです。この「苦しさ」は薬で良くなる場合もありますが

私の経験上、「慢性鬱病」的なストレスからくる精神疾患以外で

統合失調症、双極性障害、パニック障害など精神疾患の代表的な

病気は寛解・完治は不可能に近いと思います。

私事では、双極性障害になってしまい、最初は完治にこだわりましたが、今ではこだわりません。だからといって、その障害と共存するとか闘病するとか、向き合うなどという言葉がありますが、そんなのは美談に等しいです。

しかし、気づくのは「生きる」ということが前提であり、

​障害に関しては、ひとつの生きる能力だと自覚しています。

そう思わなければ「生きる」ということを受け入れられなくなってしまうのが当事者の心境です。

健常者や成功者は、生きていくことや、仕事に対しても、

信念、理念、主体性、価値観、そして「元気」な部分を強調して

障害者を推し量りして、ダメだと思うと「差別」しますね。

私は率直に「生きる」ということにシンプルに考えて

そこに価値観や主体性を押し付けるつもりは、毛頭ありません。

当事者の皆様が「生きる」方向性をご自身で気づき、それをフォローすることが私の使命だと思っております。

​よろしくお願い申し上げます。

​ご相談はこちらから →

大河原ライフプラニング
代表:大河原 康
​ひきこもり支援相談士・心理カウンセラー・ファイナンシャルプランナー
〒208-0021東京都武蔵村山市三ツ藤3-50-3
☎:042-560-4936  FAX:042-560-4421
E-mail:okawara0912@gmail.com