【本音】変わってしまった自分。。。


人間そう簡単には変われないよー

とよく言いますよね。

私も、40代までそう感じて経営者だったころは社員教育などに苦労しました。


50歳で精神疾患(双極性障害)が重度になり、会社廃業のショックと共に

2年間「ひきこもり」、1年間自立支援施設でリハビリして人生を諦めていました。


その後、少しづつ「まとも」になりましたが、

自分の中で変わってしまったことがあります。


まずは、精神薬の副作用で20キロ太ってしまいました。

現在は、ご飯を食べる量を半分にしたら調子が良く減量できています。


次に、喫煙者になってしまいました。

30代40代のころはタバコをやめて、タバコが大嫌いでした。

一生吸わないと心から思っていましたし、喫煙者に対して白い目で見ていました。

それが、精神科病棟に入院して、熟女の患者チームにタバコを勧められて、私は

鬱がひどかったので、吸ってしまいました。そしたら「スーッ」と意識がボヤケて

気持ちよくなり、そこから喫煙者になってしまいました。

去年の5月に禁煙外来にチャレンジしたんですが、クスリがイマイチ合わず先生から

禁煙を断念するように言われました。

保険適用の関係で1年は禁煙外来ができないのですが、今年の5月に再チャレンジして

なんとか禁煙を成功させて、以前のようにタバコ嫌いになっていきたいと思います。


次に、お風呂の湯船につかることが、嫌いになりました。

その昔は温泉が大好きで、オートバイで日本全国の温泉を巡ったり、

家内といろいろな地域でおいしい食事と温泉に行き満喫していました。

しかし、変化してしまいお湯につかることが嫌いになり、シャワーだけのライフスタイルに

なっています。理由はわかりません。


次に、動物がもう苦手です。

犬でも猫でもペット関連はちょっと苦手になってしまいました。

舐められるとちょっと鳥肌がたってしまいます。

ひきこもりの前までは全然平気で、動物は大好きだったんですが、今はちょっと苦手なんです。これも理由はわかりません。


次に、信じがたいのが「自然」がいまいち苦手になってしまいました。

海、山、川など自然の恵みを感じることはとても良いことなんですが、

去年の夏に近所の山岳でハイキングを3キロくらいすることを日課にしていたら

重症のアレルギーになってしまい、処方されたクスリを服用していましたが

あまりに苦しくて、クスリをやめて心当たりを探したら山岳の緑などが良くないと直感して

ハイキングを止めたら、直後に完治してしまいました。


逆に、ポジティブに変わったのは。。。


いったん、頭の回転が回り始めると、論理的かつ感受性を高めてコミュニケーションをとることがとても得意になりました。

特に、社会的に成功している方々との交流で、私がおもしろおかしく、饒舌に話すと盛り上がります。だから、プレゼンテーションやお相手との対話はとても得意になりました。

たしかに、営業職が長くお客様とのコミュニケーションを得意として実績を上げてきましたが、その頃とはまったく違う感じです。


私は、読書をほとんどしなくなりました。また、テレビもほとんど見ません。

以前は読書は大好きでしたし、テレビも生活の一部でした。

今現在は、NHKなどの報道番組ぐらいしか見ません。

そして、読書をしなくなった変わりに、ウエブで情報収集やヤフーニュースで情報は取れてしまいます。また、興味があったり勉強になる動画チャンネルを登録して、その最新動画情報を見て事足りているような感じがします。


そして、このブログではないですが、

「モノ」「コト」を自分なりに表現して書くのが得意になりました。

その結果、お世話になった方への手紙や、ブログでの作文、ウエブ作成、パワーポイントでのプレゼンテーション作成がとても得意になったと感じています。

これは50代になってからの変化というか進化なんです。

逆に経営者時代は、社員や外注にやらせて、その経緯や結果に対して判断・決断をしていましたが、今現在は、ほとんど自分でおこないカタチにしている自分が不思議でたまらないですね。


最後に自分の部屋です。

ひきこもっていた時の自分の部屋は、それはそれは酷いなんてもんじゃないです。。。

2年間も掃除をせず、ホコリだらけで、衣服は散乱して、布団はカビがはいていました。

以前、経営者だった頃の高価なブランド物も物置にしまいこみ、廃棄するつもりでいました

しかし、すこしまともになり、動けるようになったら、まずは部屋をなんとかしようと思い

少しづつ、かたづけて、センス良くまとめ上げました。

その結果、とても居心地の良い部屋になり、気持ちも落ち着きます。

ほとんど毎日、部屋を掃除して小綺麗にしています。


上記の通り、変わってしまった自分がいますが、

現在は素直に受け入れてます。

なぜかというと、無理してもしょうがなく、自然体でいると「生きている」という境地に

なり、そういう境地に気づくと、次に共存する家族や、ビジネスでお世話になる方々のため

に役に立とうという気持ちになります。

心理学的には「承認欲求」がそうさせていると言われますが、

私のような稀有な人生体験をした経緯だと、別に承認はされたら嬉しいですが、されない確率もあり、さらに人間関係なんて何十年と築いてきたけれど、ある日メールのやりとりひとつで一瞬で壊れてしまいますね。

だから、自分が現時点で求められたことや、求めることが、ポジティブに広がれば幸せですが、ネガティブになる方向も十分ありえるので、この稀有な経験値を生かしていった方が、後悔や未練・執着があまりなく、良くも悪くも反省して次に結びつけるガッツがあれば、

社会的成功ができるのではないかと確信しています。


あとは「運」ですねー

これは、重要ですね!


ではでは、、、


23回の閲覧0件のコメント