いやー「苦手」なんですよ!



ブログをご覧いただいている皆様の私のイメージだと、とても女遊びが好きみたいに

思っている方々が多いような気がします(笑)

しかし!なんですよ。。。


私、キャバクラ・パブ・スナックなど「ナイトクラブ系」は大の苦手なんです。

確かに20代の会社員から、そういう所は会社の先輩なんかに連れて行かれて楽しんだかもしれませんが、本音のところ、楽しんでいませんでしたね。


その後、経営者になり銀座・六本木にも行きました。

お店を経営している近所のナイトクラブにも接待で使っていました。


では、なんで苦手かというと、

率直に疑似恋愛というのが、私には理解出来ません。

そして、まだお互い知り合ってすぐに「私も一杯いいですか?」とねだってきます。

その一杯がとんでもない値段なのは知ってますが、まだお相手をよく知らないのに

一杯・何千円〜くらいする飲料代をご馳走することに抵抗を感じます。

それを拒否したら、とんでもなく顔に出されてしまい、こちらが悪人みたいな扱いをされますよ。


次に指名制でお気に入りの女性を指名して、お相手がその気でないと、

「ごめんなさい、ちょっと外しますねー」と言ってなかなか帰ってきません。

30分くらいすると帰ってきて「ごめーん!今日は混んでてさー」と言います。

おいおい指名制じゃないのかい?と思いますが、なんか口に出せません。


あと、カラオケを無理やり誘われて、歌わないとオトコじゃないぐらいのことを言われます。そして、女の子の方がどんどんお気に入りの唄を歌うと、私の会計にどんどんチャージされます。おかしいですよねー(笑)


さらに、キャバクラで「あるある」的なのは、

高価なドレスに胸元を強調してますが、思いっきり寄せに寄せて谷間を作る人達が多くて

なんか気の毒に感じる時があります。


そして、六本木の超高級なキャバクラに知人と行き、

アフターで2人の女の子と二次会を楽しむ予定でした。

超高級なキャバクラの時はそりゃもう、ドレスからヘアーまでハイセンスでリッチ感たっぷりです。

しかし、アフター後に来た時は、彼女たちスッピンでジーパンにパーカーの出で立ちでした。最初に言った言葉が「超!腹減ったー」です。

私は、出前で何か食べたいものは?と聞いたら「お寿司かなー?」と思ったら

「カレーうどんの大盛り&いなり寿司」と言ってます。

笑っちゃいましたよー


いろいろとまとめると、

別に私は過去に「ぼったくりバー」に騙されたことは一度もありません。

また、ナイトクラブの女の子に深い恋をしてフラレて、トラウマになったわけではありません。玄人より素人が好きとか区別しているわけでもありません。

題名のとおり苦手なんだと思います。


しかし、分析するとこういう「ナイトクラブ系」が好きでたまらない男性はいますよね。

別に偏見はないですが、

ただ、不思議と思う点があります。

それは、外人(フィリピン・ロシア・北欧)が好きでハマっちゃう人がいたり、

熟女系キャバクラにハマる、若い男性がいたり、

身分不相応で銀座/六本木にはまり、自己破産する人がいたり、

あそこは危険だから行っちゃいけないと注意しても、行ってしまいボッタクられる人が

います。

あと、隣の席で知り合ったお客さんで、とんでもない偉い教授や、高尚なお坊さんや、

外資系の超偉い外人さんと出会ったことがあります。


私はこれからは「ナイトクラブ」には、相当な事がない限り行かないと思います。

遊ぶだけ遊んだとか、お金がもったいない、時間がもったいないとか偉そうに言うつもりはありません。また、真面目ぶるつもりはありません。

ただ単に苦手なだけです。。。

20回の閲覧0件のコメント