これからの生き方

最終更新: 2月8日


今日は「何」しようかなー?

私のこれからの生き方は、自然体で運命に逆らわず生きたいと思います。

人生勝ち負けではありません。

人生、道があるとすれば開拓して道を作る。


近道をすればあとから苦労します


そして、相手に対してはあまり結果を急がせない方がよいものです。

相手のペースで結果を待つということではありません。

お互い可能な結果を模索してベストに導ければと思います。

私自身は、まだまだ道はあると思っています。

双極性障害になり破産して離婚して人生のどん底です。

しかし諦めてはいけないと思いました。

ここで諦めて、人生のチャンスを失い、一生後悔するのも選択の一つです。

でも、せっかく生かされている自分に気づくと、やることはまだまだ、たくさんあると感じています。

双極性障害とはこれからも闘病してしっかり向き合っていくつもりです。

また双極性障害特有の軽躁状態というものがあります。

私は軽躁状態になるとアイデアがわき、行動的になります。

結果、店舗を3店出店してミュージアムを設立して


年商11億以上までやりました

しかし軽躁状態のあとからくる鬱状態で全てをおかしくしてしまいました。

12年間、双極性障害と付き合い、軽躁状態のコントロールを薬と自分の意識でできるようになったと思います。

「心」と「身体」の切り替えの究極です

次に、切り替え方です。

嫌な思いをしたり、迷惑をかけられたりした場合の切り替え方です。

私は、切り替え方はあまり上手ではありません。

テレビでパラリンピックを見ます。

彼らは身体が不自由でも目標に向かって頑張っています。

自分の身体が不自由になっても、切り替えて自分の可能性にチャレンジしています。

私は見習うべきだと思います。


まさに、切り替えの究極ではないでしょうか


これからの生き方の課題は、切り替え方だと思います。

悩んだり迷ったりしたら、まず行動すれば何かわかるはずです。

失敗もするかもしれません。

運が巡り成功するかもしれません。

成功しても失敗しても悩みはついてまわるし失望もするかもしれません。

そこでは、やはり切り替え方が重要だと思います。

5回の閲覧0件のコメント