クスリのリスク

最終更新: 8月14日



私は今までに、この12年間100種類ぐらいの精神薬を服用したと思います。

よくも、まあ、無事に生きているかと思います。


基本的に私は「薬💊」は好きなんだと思います


精神科の主治医に聞いても、ここまで服用して詳しく論理的に効果や副作用を話せる人は

あまりいないと言われました。



抗うつ剤は、最初ジェイゾロフトを服用しました。

その後、たくさんの抗うつ剤を試しました。

私は双極性障害なので、治療薬の基本は気分安定薬なので、抗うつ剤はあまり効果がないとされています。しかし、うつ症状が激しいので抗うつ剤をいろいろと服用しました。


「ピーゼットシー」これは、やばかったですね。全身痒くなり、目があまりにも痒いといか

虫がたくさん入った感じで、救急車を呼ぼうと思いましたが、なんとエアコンが効いている

イトーヨーカドーに行ったら、おさまりました。

訳わからないですよねー

「アナフラニール」は、入院した時に、点滴で多量に服用しました。

しかし、便秘がひどく、また向上心がなくなりました。


その他「レクサプロ」「アモキサン」「サインバルタ」「レスリン」「テトラミド」

などなど、ほとんどの抗うつ薬は服用しましたね。

現在は


「カリフォルニアロケット」


と言われる「レメロン」「イフェクサー」を服用して

います。多分これは効いていると思います。



抗不安薬もたくさん飲みましたね。。。

「デパス」は軽めで、何かあるとすぐに飲んでしまいました。

「レキソタン」は、最初は良かったんですが、慣れちゃうとダメでした。

「メイラックス」は軽症の時は、重宝しましたが、重症になってからは、私の方から

拒否しました。

「ワイパックス」は定番ですね。私にはこれが一番合ってます。頓服でいつも出してもら

ってます。

しかし、最近は落ち着いているのであまり飲んでません。



気分安定薬もほとんど服用しました。

入院した時の担当医と責任者が「メイラックス」を絶賛して私に服用させました。

しかし、ほとんど効かず、私は何度も懇願していても受け入れてくれませんでした。

双極性障害では気分安定薬が基本ですが、あまり教科書通りには、いかないと感じます。

合う人には「ピタッ」と合いますが、合わなければ、ただ処方されて服用しているといった

感じの人が多いような感じがします。

現在は


「ラミクタール」と「リーマス」


を服用しています。

しかし、効いているのか効いてないのか残念ですがよくわかりません。

とりあえず服用しているといった感想です。



抗精神病薬もほとんど服用しました。

この手の薬は、副作用に苦しみますね。

特に


「アカシジア」

「肥満」

「傾眠」

「全身のかゆみ」


などに苦しみました。

副作用で体重が20キロ増えました。

昔の30代40代で経営者をやっていた頃の私を知っている人は、みんな驚いてしまいます


ちょっと、ムカつくのは、私も好きで肥満になったわけでもないのに、仕事がらみで初対面で会うおじさん連中で上から目線で私の体型を指摘します。

私は謙虚に、肥満になった事情を話すと、精神障害者への偏見、丸出しで

「おまえは弱い!」ぐらいなことを言われます。私はそんなおじさん連中は拒否してます。


恐ろしくて怖いのは「ジプレキサ」ですね。。。

これで私は肥満になり、また果てしない傾眠に侵されてしまいました。


「セロクエル」も服用しましたが、「アカシジア」に苦しみ、夜寝れなくて、叫んでしまいました。


「ビプレッソ」もやばかったですね、普通、精神薬は性欲落ちて、フニャフニャになっちゃいますが、これは逆でした。躁状態を助長しちゃう感じでした。


「ドグマチール」は軽症の時は、良かったです。

気持ちが上がりいい感じでした。

しかし、性欲が落ち、食欲旺盛になりバランスをとるのに必死でした。

「パキシル」も皆無でしたね。。。

「ロナセン」も皆無です⤵

「ルーラン」は最初良かったです。しかし傾眠がひどく、会社でよく寝てました。


患者仲間のほとんどが、「エビリファイ」で良くなっているのが羨ましくて

私も「エビリファイ」を服用しましたが、「アカシジア」と激しい全身の痒みで断念しました。合わない人には合いません。


「シクレスト」も期待しましたが、だんだんと、なんなのかわからなくて、しかも

服用する時に、下の下部に入れて飲むのが面倒くさかったです。


現在は「レキサルティ」を服用してます


これは「ピタッ」合った感じがします。



てんかん剤も飲みましたよ。

「テグレトール」も、ある精神科医がウエブで絶賛してましたが、私も期待してチャレンジしましたが、暖簾に腕押しでしたね。

「デパケン」も、まったくといっていいほど、効かなかったですね。

私には「てんかん剤」は、意味がないと思いました。



注射は

ミダゾラムを、薬物中毒のように打ってましたよ。

だんだん打っているうちに、正気で目覚めるのが怖く、このまま「フワフワ」した

感じでいたいけど、会社経営を考えると、現実に戻りちゃんとしました。



睡眠導入剤として

ほとんど服用しました。


現在は「マイスリー」と「ベンザリン」


を服用してます。

昔(38歳)、南アフリカに出張で、先輩の経営者から搭乗中に長旅だから、そろそろ

寝ましょうとなり、睡眠薬をもらい1錠飲みました。これが人生始めての睡眠薬で

それはそれは、ものすごく効いてしまい


ビックリしましたよ


いつしか精神障害者になり、睡眠薬をいつも服用するようになってしまい、残念ですが

そんな自分を受け入れてます。


また、ひきこもりの2年間はお酒を飲んでいました。お酒で酔って、睡眠薬を服用すると

独特な酔いで頭がフワフワして気持ちが良かったです。

しかしその見返りに翌日は頭が痛くて困りました。

現在は、ほとんどお酒は飲みません。

友達と外でハジケる時は飲みます。


ちゃんと自分でコントロールできてます


しかし、友達は「おまえ本当に精神障害者なの?」と言われたり

ひきこもり含めた地獄の体験を、信じてくれません(笑)


そうなんです、現在の私は「まとも」だと、論理的に話ができて過去の記憶を鮮明に覚えていて友達を笑いの渦に巻き込みます。

行政の福祉関係の、担当者に対しても、モノ落ちせず淡々と論理的かつ情熱的に話ができます。


また、もうひとつのビジネスで二輪販売店専門の経営コンサルタントをやっていますが

経営セミナーを開いて、キレキレのアドリブで受講された方々は


「おもしろかった」


と言ってくれます。

さらにフェイスブックでは、二輪業界の有名な方々や一流の方々と交流があるんですが

みんな、昔と変わらず接してくれます。

もちろん、私が廃業して2年間ひきこもりになってから縁を切られた人もたくさんいます。

「コロナ」の影響もありますが、10月くらいには


「ひきこもり支援」のセミナー


をやろうと思います。無料です。

セミナー内容は、おってお知らせしますね。

可能な限りのコロナ対策をするつもりです。

定員は6名ぐらいがちょうどいいですね。

それ以上多いと、私が発信してるだけで対話にならなくて、せっかく来てもらったのに私の自己満足の公演とセミナーの資料だけではよくないと感じてます。

セミナーで自信があるには


私の声です


私の声って大きくてハリがあるんですが、もちろん人様の前で話す時は、大きい声かもしれ

ません。

しかし!いったんお相手の話を聞いたり、冷静に論理的に話す時って穏やかにささやくように話すんです。

だから、前職で営業をやっていた時、お相手から顔に似合わないくらい声が良いみたいで


ビックリすると言われます


だから電話だけの商談で契約までもっていくこともありましたよ。バイクの販売でしたが

東京から鹿児島の見ず知らずのお客さんに電話だけで契約しました。

この経験というか、体験を生かして、


YouTubeで「ライフスリープ」チャンネルを設立して


声だけの動画展開を考えてます。きっとお役に立てると思います。

よろしかったらご視聴ください。



最後にアドバイスとして


はじめて、精神科や心療内科に行って問診を受けて、精神薬を処方されると思います。

しかし、精神薬をむやみに服用するのは、やめたほうがいいと思います。

「覚醒剤」とはぜんぜん違いますが、一度服用してしまうと、精神薬のワールドに入ってしまい、まず抜け出せなくなります。


自分に合った精神薬を探すことになります。


私は12年かかりました


当事者(精神障害者)の方で、一番言いたいことは、精神薬で合う合わない、効く効かないを精神科医(主治医)にハッキリ言って下さい。悪い精神科医のペースだと3分ぐらいで遮られて、もう少し様子を見ましょうとなってしまいます。

私の私見では、抗うつ剤は長い目で見るしかないです。

抗精神薬は1週間くらいで、なんらかの反応が出ます。

次の予約まで待とうと思わず、薬で副作用に苦しむ場合は、すぐに対応してもらって下さい。変な話


寿命を縮めると感じます!


そういったカタチで対応してくれない、医者は変えた方がいいですよ。

間違いありません。


ではでは。。。



ひきこもり支援相談士/心理カウンセラー

大河原 康


40回の閲覧