ミュージアム閉館。。。


地元の方々には「般若の湯」として愛されました

ミュージアムは沢山の集客で数字が維持できました。


しかし温泉事業は大赤字でした


私は温泉事業はやめたい意向を町に伝えました。

しかし議会では反応はよくありません。

さらに追い討ちをかけたのは町長選挙で今までのオートバイで町おこし推進派の町長が落選して反対派の町長が当選してしまいました。

行政というところの現実を知ったのは町長が変わると人事も変わり雰囲気も変わってしまうのです。私は新しい町長と会いましたが、とても良い人でした。

しかし町長としてはオートバイで町おこしの反対派から推薦されて当選した方なので今まで通りにはいかないと思いました。

専門外の商売に手を出してしまったツケですねー

時が流れてミュージアムの来館は順調でしたが温泉事業が大赤字です。

温泉を沸かす燃料費、人件費がネックでした。


私は鬱状態になりました


しかし気が張っていたのでなんとかしなければいけないと思っていました。 オートバイで町おこしとして、埼玉県からの補助もおりなくなり、温泉事業もやめるにやめられない、資金繰り的にも限界が来るので


閉館の決意をしました


町長も承諾してわずか2年ほどのミュージアム運営でした。

私の予感通り、いざ閉館するとなったら160台のバイクの置き場や処分、什器、小物類の撤去などお金がかかるのを予測していました。

今、思うとタイミング的に止めてよかったと感じています


このミュージアムの一連で、さらに詳しく述べているブログをご紹介します。

よろしかったら、ご覧下さい(おもしろいですよ。。。)


https://okawara0912.wixsite.com/business/post/%E3%81%AA%E3%81%9C%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%81%AE%E6%A3%AE%E3%81%8A%E3%81%8C%E3%81%AE%E3%80%81%E3%81%AF%E9%96%89%E9%A4%A8%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%8B


今では伝説のミュージアムになっているそうです!

15回の閲覧
大河原ライフプラニング
代表:大河原 康
​ひきこもり支援相談士・心理カウンセラー・ファイナンシャルプランナー
〒208-0021東京都武蔵村山市三ツ藤3-50-3
☎:042-560-4936  FAX:042-560-4421
E-mail:okawara0912@gmail.com