人生で一番うれしかったこと。。。



50年ちょっと生きてきて、

酸いも甘いも、たくさん経験・体験してしまった私です。。。

そんな下僕のような私ですが、

人生で一番うれしかったことは何か熟慮しました。


過去の人生での事象では


高校時代、文化祭で大活躍でさらに硬式テニス部でナンバーワンの座にいて

ファンクラブまでありました。


専門学校時代でもヒーローで向かうところ敵なし状態でした。


サラリーマンを10年、営業職を中心にやり日本一の店長にもなり

人一倍、稼ぎ外車ののボルボに乗りイタリア製オートバイのドゥカティに乗り

さらにそのドゥカティに200万円くらいカスタム改良しました。


その後、事業を起こし経営者になり、破竹の勢いで日本一の販売台数の会社にして

さらに、行政とコラボしてオートバイミュージアムを建設して年間5万人の集客を

実現させました。


そんな人生の中で、恋愛経験も多く、また結婚も3回しています。

正直言って、激しい人生ですね(笑)


しかし、前述したことは、過去の実績とと言えばそうですが、今現在は、なんかどうでもいいことに感じています。経験値が備わったのは大きいと思いますが、その分、儲けたり散財したりとちょっと不安定だから、なんの自慢にもなりません。


それでは、

一番、幸せを感じたのは、どんな時だったのか。。。


それは、長男が生まれた時です。

というか、誕生してすぐに助産師さんが「元気な男の子です!」と言われた時がとても

うれしくて感動しました!

理由は、担当医からは直前まで「女の子」とハッキリと告げられていたのです。

それと、過去の縁で出来た子供はみんな女の子でさらに、示談金で話がつくと、ほとんど

疎遠になりました。


そんな中で誕生した長男は本当にうれしかったです


そして、誕生してうれしくなり、夜中にマイカーで直線の道を飛ばして「ヤッター!」と

叫んだら、後ろからパトカーに追尾され、あえなくスピード違反で捕まりました(笑)

なんか人生、辻褄があってますよねー


その後、私は会社を廃業して家計を守るため、家内と別れて別居しました。

しかし、長男は私に懐いてくれて、いつもお互い夢や希望を語り合い、ポジティブな関係

です。


これも「縁」だと感じます


毎日、欠かさずすることがあります。

夜に寝る前に精神薬を飲むんですが、その時に家族及び長男の名前を言って

「ありがとう」の感謝の念を声を「大」にして言ってます。

私自身、ひきこもり・重度の精神疾患になりましたが少しづつ立ち直れたのは

この感謝の念を発していることではないかと確信しています。

15回の閲覧0件のコメント