人間関係について

最終更新: 2月8日


人間関係はギブアンドテイクの発想が良いと思います

わたしが利用しているLINEでは相手から既読スルーがあります。

あれは心境を深くします。 人間関係を円滑にするには、自分と価値観が合う人と共存共栄することだと思います。

50年以上も生きてくると、合う人と合わない人を感じます。

社会に出れば合わない人と


いかにうまく対応するかだと思います


それでも思う通りにいかない場合は無駄な思考を避け別のことを考え、身体を動かしたりするのが良いです。

私が精神障害者社会復帰施設でスポーツをやったのは過去の未練や執着がなくすためです。おかげ様でスポーツをするとよけいなことを考えずスポーツに集中できて良い汗をかいて

達成感があります。

それを繰り返していくと


過去はどうでもよくなる心境になります


人間関係は合う人合わない人がでてきます。

人生経験を積むと相手を見抜く力が備わってきます。

しかし相手と合わないからといってケンカは得策ではありません。

相手と距離を置くしかないと思います。


そして、縁があれば付き合えば良いと思います


お互いに利害関係がある立場だとかけひきや気を使ってしまいます。

話す話題も本題があります。

こういう付き合いは経験を積んで上手にやっていくしかありません。 一度仲良くなり、勢いで携帯電話やメールアドレスの交換などをしても実際に連絡がくるのは以外と少ないです。 こちらから送ったメールが来なかったりすると、とても気になります。

しかし相手に都合があってのことだと思って割り切ることにしています。 ある人生の先輩が破綻した私に対して、いつでもいいから連絡して下さいと言われました。その先輩にこれからの人生プランを相談したら、既読スルーされました。何ヶ月経っても返信は来ません。 私はかなり真剣な内容でメールしました。

こうなると私から見てその先輩の印象が、ガラリと変わります。 わたしの方から連絡しなくなります。ここで重要なのは、本人が困ったり頼ったりするメールに対しては否定的な内容でも返信するのが礼儀ではないかと思います。 人間関係は難しいです。

私はお客様との人間関係には、注意をしていました。

お客様はバイクで楽しむ人生をしてきているので、そのお手伝いに徹することだと気づきます。

社員との関係も悩みました

注意・怒る・キレる。。。よく考えながらやらないといけませんねー

注意する点があれば、その場でする時と、わたしの事務所でする場合があります。

注意するとき、気をつけなければならないのは、社員の本音を聞きすぎてしまう時です。

結果それが言い訳になってしまうからです。

私はお客様にも社員にもあまりメールはしません。


自分の領域にあった方々にしかしません


フェイスブックも5年やりましたが破綻をきっかけにやめました。

私のひきこもり時代ではSNS全てを封印しました。

いわゆる、人間嫌いになってしまい、現実の相手が受け入れらなかったです。 しかし、回復してから、まずフェイスブックを復活させました。今までのフェイスブック上でつながっていた方々と再会したら


皆さん喜んでメッセージを受けました

また、LINE、Twitter、インスタグラムなどは一通りやっています。しかし、SNSはあくまで手段なのでそれぞれの人にあったネットワークを活用すれば良いと思います。


SNSは楽しい半面、傷つくリスクもありますねー

9回の閲覧0件のコメント