健康について

更新日:2月8日


動くときに動いて、動きたくない時はゆっくりしましょう!

健康は人生の宝と言います。

しかし、私は双極性障害で精神薬の副作用で高血圧やコレステロールの値などが高くなりそれらを抑える薬を服用しています。

しかし今では日常生活をきたす程の量ではありません。

双極性障害の精神薬やその副作用で生じる薬とは


これからも付き合っていくつもりです


精神薬との相性でお酒はやめました。

主治医からは飲んでもかまわないと言われましたが、お酒と精神薬を飲んだ翌日は普通に生活ができません。

これからの人生を考えると、お酒はやめるべきだと思ってやめました。


また、食事はしっかりとるべきだと思います。

私の食事は粗食です。

たまにお昼は近所のおいしい、とんかつやラーメン、お蕎麦を食べます。

友人とは夜にお酒をかわしながら夕飯を食べるスタイルをやめました。スターバックスや、ちょっと高級な喫茶店でお話をします。


その方がリーズナブルです。。。


夜はまったりした音楽を聴いてます!

双極性障害が回復して運動して食生活を見直して私は心身ともに健康になりました。

規則正しい生活になり、やっと何かやろうという意欲がわきました。

これも時が解決するものだと思います。

特に今はアップルミュージックで選曲した音楽を夜、寝る前に聞くのが


最大の癒しです


精神障害者社会復帰施設でいろいろとプログラムをやり、特にスポーツで汗をかいて体を動かしてから、双極性障害の回復は早くなりました。

施設のスポーツプログラムでバレーボールがあるのですが、スパイクやサーブが決まるととても嬉しいです。まさか50歳を過ぎてバレーボールをやると思いませんでした。

最初は練習だけでヘトヘトになりあとは見学をしていましたがだんだん慣れて体力がついてくると共に上達してきました。

これらは生きる上でとても自信につながりました。

こんな成功体験を重ねていくうちに、鬱状態から少しずつ脱せられたのではないかと思います。

40歳まで超正常値でしたが精神薬を服用してから数値が乱れました(泣)

健康診断などで血液検査があります。

歳を追うごとに基準値を超えて医者に警告されたりします。

しかし基準値はあくまでも基準値で基準値をオーバーしても元気な方はたくさんいます。

私のように精神薬の副作用で高くなってしまった場合は仕方がないですが、少しくらいオーバーしても


そんなに気にすることはないと思います


健康食品がテレビのコマーシャルでよくやっています。

私は冗談で売り出されている健康食品を全部飲んだら健康になるならやってもいいと家族に言いました。家族は皆笑っていました。

健康食品はビジネスだから否定も肯定もしませんが、お財布と相談して買った方が良いと思います。

15回の閲覧0件のコメント