双極性障害の悪化

最終更新: 2月8日


躁うつ状態になり、何から手をつけてよいか「わからない」

ミュージアムを閉館して財産を使い果たしたショックは大きかったです。

また、本業のドゥカティビジネスは新車のマーケットが縮小して赤字体質になりました。

待っていたのは、


例えようもない極鬱状態です


朝が起きられません。

人間としての、判断ができなくなりました。


すぐに入院しました


1ヶ月ぐらいで自分を取り戻せましたが、会社で資金トラブルもあり、また入院。

今度は全身麻酔を使い電気ショック療法を10回行いました。

また、精神薬の副作用で20キロ太りました。

身も心もボロボロになっていきます。


かれこれ100種類の精神薬は服用しました

そして、ある日薬を沢山飲んで自殺未遂をしました。

それでも、私でなければ進まない仕事がある時や資金繰りの確認、労務管理だけはなんとかこなしていました。

薬もどんどん追加されて、睡眠薬は限界まで出してもらいました。 入院は6回、自殺未遂は5回しました。

完璧な精神病患者です。


私はやっとこの、双極性障害を受け入れました


その中で一番大きかった存在は主治医です。

かれこれ10年ぐらい診てもらっています。

主治医の先生は私がこんなになっても、絶対に私を見捨てませんでした。

私が緊急で診察を受けたい時も、わざわざ時間を作ってくれて診察してくれます。

本当に具合が悪い時はいつでも連絡して下さいと言われました。

具合が悪くなり主治医を頼って電話すると親切に対応してくれます。


主治医には本当に感謝しています!


精神科医ではとても権威のある先生ですが、素晴らしく人格者です

41回の閲覧0件のコメント