大河原康って、どんな人間?


早く、オートバイに乗ってエンジョイしたい!

大河原康って、どんな人間なんだろうか?

この、お正月、暇だったので、いろいろと考えました。

もう53歳のおじさんだから、今さらとも、思いました。


自分の長所は?

自分の短所は?

自分の強みは?

自分の得意分野は?


などなど、いろいろと考えました。

私は、歴史学が好きで、自分は戦国武将ではどんなタイプかも創造してみました。

また、経営では失敗しましたが、どんな経営者のタイプかも創造しました。

そして、尊敬する人物や憧れる人物なんかとも比較してみて、いろいろと創造しました、

まずは、私は営業職が30年以上なので


根っからの営業マンかと思いましたが


そうは思いません。たまたま運が良く、人に恵まれてオートバイの販売台数をトップで

結果を出してきましたが、いまこうやって考えると運がいいだけで実力はそんなにないと

感じました。


次に経営者タイプかというと


少しははてはまっていると思います。

人の下で働く抵抗は今でもあるかもしれませんが、

何より会社を一度、破綻させているのはハッキリ言って経営者失格だと思います。

また、社員教育に甘く、社員になめられた結果、会社をやりたい放題させて、最後の

末期状態ではなんでもありの状況をつくりやがて、破綻しました。


また、これはおもしろいというか、なんというか。。。

私が破綻して、二輪業界でも、交友関係や縁故関係でも、いろいろとやってみないかと、良いお話を伺いましたが、条件が合う合わないでなく、社長クラスにNGをすぐにだされました。


理由は「乗っ取られる」「怖い」「潰される」

などなどです(笑)


また、「精神福祉士」の資格を取り福祉業界で働こうと思いましたが、

これも、即却下でした。年齢的なことでなく、やはりその会社の「ペース」を乱されて

大河原カラーになることを恐れている感じでした。(残念。。。)


生活をするために、働かなければならないと思い、

障害者雇用や作業所などの面接を受けて、低賃金(時給930円)でやろうと、気合が入りましたが、今度は家族や友人から


「やめたほうがいい!大河原らしくない。。。」

と言われちゃいました。


じゃあ、何をすればいいのかー

と自問自答しました。

もちろん、現在の大河原ライフプラニング「ひきこもり支援相談士」「心理カウンセラー」

「ファイナンシャルプランナー」の肩書で生業してがんばろうと思ってますが、どうがんばればよいか、悩む時が多々あります。


そんな時、大河原康はどんな人間なのか?

を追求した結果、答えが見えてきました。

別に今までの53年間の人生を否定するつもりは毛頭ありません。

数々の失敗も後悔や執着もせず反省だけしています。

また、少しの成功体験も通過点に過ぎず、なんとも思ってません。


率直に!

私は「発信者」なんだと思います!!


こうやって、ブログやYouTubeの動画を上げて自分自身を発信するとモチベーションが上がります。もちろん、再生回数の少なさやネタの賛否はありますが、わかってくれる人が

いらっしゃれば、それはそれで十分だと感じます。

また、SNSだけでなく、その人その人を見極めて、お相手に合わせた的確な情報を伝えるのはとても得意で、情報をもらったお相手は、私の見る目が一気に変わり味方になってくれます。


エイリアンVSプレデターではないですが


敵の敵は味方というシナリオを熟知して

人間関係を渡り歩いています。

だから、大物の政治家や一流の企業経営者、アスリート、お金持ち、普通の人、精神疾患者、シングルマザー、登校拒否の子供、中高年ひきこもりなど多種多様の人間模様を体験しています。


「発信者」とは、ある意味情報を操作して言いふらすようなイメージがあります。

まさに、そうだと思います。そして、それを自分の言葉で話し、情報を受け取る側に有益な

内容であれば喜ばれていきます。

下手な菓子折りをもっていくより、有益な情報や前向きな情報の方がずっと喜ばれます。


私は、この「発信者」に徹することにしました


だからと言って、いつもピーチクパーチクしゃべっては、いませんよ。

謙虚にお相手の話しはよく聞いた上で熟慮して、情報を整理します。

しかし、直感・霊感が働き、すぐに発信すべきことはスピーディーにします。


私はIQは、そんなに高くないと思います。正直、トロイと思います(笑)

しかしEQは、人並み外れたものをもっているとよく言われます。

自身の感情のコントロールは双極性障害なのでなんとも言えませんが、

お相手の感情を察知して、どのように対話していけばよいかは、とてもわかります。


これは理屈でなく、事実なんです


だから、この大河原ライフプランニングの生業は適職だと感じます。

この職業で生活ができるかどうか、わかりませんが、そんなに贅沢を求めていないので

昔の経営者時代のような経済状況を夢見てはいません。

それこそ、経営者時代は高級寿司屋で「ウニ」をよく食べていましたが、

今は、自分で作るベーコンエッグチーズサンドが最高に美味しく、生きてて良かったーと

しみじみ思う今日このごろです。ちなみに「ベーコン」は市販のものでなく「お肉屋さん」の厚切りベーコンを使用して、オリーブオイルと塩の加減をうまくコントロールするのが

コツです😃


ではでは、、、




23回の閲覧0件のコメント
大河原ライフプラニング
代表:大河原 康
​ひきこもり支援相談士・心理カウンセラー・ファイナンシャルプランナー
〒208-0021東京都武蔵村山市三ツ藤3-50-3
☎:042-560-4936  FAX:042-560-4421
E-mail:okawara0912@gmail.com