失敗だらけの人生ですが幸せなんです😃



もうこのブログなどで、私はたくさんの人生における失敗を語ってます。

もしかしたら、この「ひきこもり支援相談士」のお仕事も失敗するかもしれません(笑)

確かに私も人間だから、凹む時は多々あります。


よく幸せになるための啓発本とかありますよね。

私も30代ぐらいの頃はよく読みました。

そして30代で億のお金を動かして、それなりの成功になったと感じました。。。


しかし、経験としては貴重でしたが、はたして幸せだったかと言うと、今思うと

とても、笑っちゃいますねー

なんか勘違いしていましたね。


結果、精神疾患(双極性障害)になり、生きる能力を失い、会社を破綻させて、

ひきこもって、人生を諦めました。

家庭も失い、財産も失い、自立して生活することも出来なくなりました。


今は、すこし「まとも」になりましたが、

いろいろな事を学び、経験と知識が備わりました。

ホント、高い授業料を払いました。


そんなこんなで、今の私は幸せかというと素直に「YES」と言います。

根拠はありません。

啓発本を読み返しましたが、別にそれはそれって感じです。


自分が「幸せ」と思えばそれでいいだけです。

自分が「不幸」だと感じれば、それもありなんです。


人間、生きていれば、何かしら、この「幸せ」であったり「不幸」と感じる体験はあると

思います。

しかし、ある意味、ひこもっていた時の私は「幸せ」も「不幸」も感じず、ただ毎日を

過ごすだけでした。


啓発本や成功者、人生うまくいっている人が

「幸せにならなければ、ならない」「こうすれば幸せになれる!」みたいな感じで迫る

人がいますが。。。


もちろん、人生うまくいっている人が言うと魅力的ですが

幸せ度、幸福感、価値観なんてどうでもいいと、私は最近思いますねー


生きていて、そう思ったり、感じるのは本人の問題なので他者が言うことではないと

思います。


どんなに、高尚な教えなどがあっても

人間の本質はポジティブな部分とネガティブな部分は必ずあると思います。

この感受性を作ったのは「神様」なのかどうかわかりませんが、実に人間らしいことだと

気づきます。


よく「人格者」と言われる人っていますよねー

恥ずかしながら、私も言われたことありますよ(笑)

でも「人格者」なんていないと思いますよ。

ホント、いるのはポジティブな部分をもった自分とネガティブな自分を持つ人間そのもので

じつにややこしくて、複雑なんですが、それが人間の本性だと思います。


だから「幸せ」と無理に思うのは、無理があります。

また「不幸」と感じたら、とことん感じて、ネガティブになり、人のせいにしようと、悪口を言おうとしても、他者に迷惑をかけず、コンプライアンスを守ればいいだです。

どんなに「人格者」な方であっても、人間、ネガティブな部分は持っています。

それをどう表現するか、処理するかだけです。


「幸せ」と感じたら、もうそれだけでOKですよ!

理屈なんかありません。


私は、料理で大根おろしを用意して、長ネギを刻んで、高価な生しらすを混ぜて、

きざみのりをのせて、味の素と七味をかけて。だし醤油で混ぜて食べると


「最高に幸せなんです😃」