好きなスポーツ

更新日:2月8日



私は4年に1度開催される、サッカーのワールドカップが大好きです。

普段やっている、各国のクラブチームの戦いにはあまり興味はありません。

むしろサッカーが飛び抜けて好きかと言われればそうではありません。


しかし、ワールドカップは別格です


世界のナショナリズムを感じます。

先進国も発展途上国も平等に行われます。

ワールドカップは世界の政治家のトップも自分の国を応援しています。

ワールドカップは4年に1度、思わぬ選手がヒーローになります。

また、監督の采配でテレビ画面に監督の表情が映しだされます。

監督、コーチ、選手と国を背負って戦っているのがとても迫力があります。

今まで数えきれない名勝負があり、テレビでたまに再現されるのを見て、今でもすごいと思います。


日本も強くなりました


私が小学生の頃はプロ野球に憧れて、みんなで野球ごっこをしていました。

しかし今はサッカーをやる少年の方が多く感じます。

Jリーグの功績が大きいのと世界のスーパースターをテレビで見られるようになったのは大きいと思います。

日本はワールドカップではベスト16までが最高ですが、日本人の勤勉さや組織の作り方は、過去の戦国時代、世界大戦、ビジネスの世界でもグローバル化の世界でも大活躍しています。

日本人のすごいところは、戦国時代や幕末時代や世界大戦で反省すべきところは反省して、時代が変われば自分達もかわるという


切り替えの早さです!


今の日本サッカー代表の方々も切り替えも早いし世界のサッカーのナショナリズムを経験してきている選手も多いから、必ず強くなると思います。

ワールドカップは世界の各国が威信をかけて戦うから面白いし緊張するし、涙もでます。

特にPKの試合になった時は、情け容赦ありません。

以外な名選手がゴールを外すシーンがあって、まさかと思います。

そして全身全霊をこめてセーブするゴールキーパーが吠えているのを見ると迫力があります。


つい何年か前までは、ワールドカップは普通に見ておもしろいなと思ったらくらいでしたが、最近は、ワールドカップほどグローバル化されたスポーツで平等で勝敗がはっきりして、スーパースターが見られるのはこのスポーツだけだと思います。

もちろん私は野球も好きだし、オートバイのレースも好きです。

しかし、ワールドカップは国対国の戦いで、応援している国民は誰もが楽しみます。ましてや勝った試合はお祭り騒ぎです。

私は日本人なので日本をもちろん応援しています。

日本がそう遠くない将来にワールドカップを好成績で結果を出しスーパースターが誕生する日を待ちわびています。

8回の閲覧0件のコメント