就職 初めての社会人!


21歳の頃 営業アシスタント時代

平成元年4月に晴れて就職しました。

伯父の営むオートバイ販売の会社です。

外国製のバイクを専門に輸入販売修理をする会社です。

社員は50人くらいです。


私が最初に配属されたのは営業アシスタントです


いわば、丁稚奉公みたいな感じでバイクの洗車、磨き、掃除を任されました。誰がいつ見ても綺麗になっていることに心がけました。

入社して3年目ぐらいのころです。

転機が訪れました。

会社のコンピュータシステムを新規導入するプロジェクトがはじまりました。

私は責任者に抜擢されました。

相手のシステム開発会社の方々との打ち合わせが始まります。


ここで情報処理を学んだことが生かされ、専門用語も理解できました

開発にあたって現場とのヒアリングで1年くらいかかりました。

社員の中のほとんどが職人だったのでコミュニケーションに苦労しました。

約1年半でシステム構築が完成し軌道にのるまで少し時間がかかりましたが、社員全員が使えて、販売管理、売掛管理、在庫管理ができるようになりました。 現場の方からわかりやすくて、便利になったねと褒められた時は嬉しかったです。

よって私は営業や整備士でなくシステム管理責任者として仕事を従事しました。


会社の社長からも信頼を得てやりがいを感じていました


ここでひとつ、おもしろい話があります。

20歳で初々しく入社して初任給を始めてもらいました。

中身は現金でした。 会社で合同の飲み会の後、先輩方のつきあいで二次会に行きそこで飲むは歌うはで朝方まで続きました。

スナックのママさんがお代を請求してきたのですが、先輩方は皆酔いつぶれて


まともなのは私1人でした。。。


ママさんは私に請求をしてきて私は初任給のほとんどをその飲み代を払わされました。 私はとんでもない会社に入ってしまったと思いました。

なにしろ初任給が入れば買いたいものをいろいろと計画していました。

しかし、あとから先輩方からあやまりと割り勘分を支払ってくれてホッとしました。

勤続年数が上がっていくにしたがって仕事は普通にこなして、会社の人達とバーベキューやキャンプ、渓流釣りを楽しみました。

そのために4WDの車も買いました。

渓流釣りをしてヤマメをその場で塩焼きにして食べたのはおいしかったです。

また、社員同士のコミュニケーションが円滑になり仕事はとてもしやすかったです。


今、思うとこの頃が一番、働いて楽しかったです😃


24歳の頃 オートバイ大好きでした!

38回の閲覧
大河原ライフプラニング
代表:大河原 康
​ひきこもり支援相談士・心理カウンセラー・ファイナンシャルプランナー
〒208-0021東京都武蔵村山市三ツ藤3-50-3
☎:042-560-4936  FAX:042-560-4421
E-mail:okawara0912@gmail.com