救世主はいませんよ!

最終更新: 2月8日


救世主「スーパーマン」

ひきこもり・登校拒否・精神疾患者の当事者、またはご家族の方へ

「救世主」はいませんよ!

過去・現在において


戸塚ヨットスクール・戸塚宏さん

塾教育学院・長田百合子さん

ワンステップスクール・廣岡政幸さん


などの方々が、マスコミに「やらせ」企画のごとく登場して世間にインパクトを与えて

ますね。

しかし、どこも、当事者の死亡事故や傷害致死事件や損害賠償事件が発生しています。

当のご本人が「どこ吹く風」で、根拠のない「理念」を持ち現在でもご活躍されています。


シンプルに彼らは儲かる「ビジネス」に徹してますね


それはそれで、リスクヘッジを受けてのことだから、覚悟されていると思います。

当事者の、ご家族は彼らを「救世主」のごとく信じ、高額なお金を支払っている現状です。


私は当事者の経験というか体験で、率直に申し上げます。

なぜ、自立するのに見ず知らずの人達と共同生活をして、刑務所でもないのにおいしくない「食事」を食べ、わけのわからないプログラム「作文・美術・粘土・座談会・畑作業・スポーツ」などをグループでやり、健常者の指導員が「動物扱い」をする毎日を送り、何年も同じルーチンでおこない


高額な金額を要求しているのか原理原則がわかりません


あと、彼らの服装です。

高いスーツを来て、当事者宅へ高級車で乗りつけ


彼らに「天下国家」を語り


今すぐにでも、家に出て自立するための訓練をして施設に入るように説得しています。

それはそれは、彼らは半分「詐欺師」みたいだから口はうまく、情熱的で理路整然で

正論でお相手に迫ります。

お相手は、驚愕してしまい、最後は折れて施設に入り、彼らは足元を見て高額なお金を要求してビジネスにしています。


たしかに、確率的には「まとも」「更生」「自立」する方々もいて実績となり知名度が上がり、受注の依頼もあると思います。


ここからは、私の意見です


彼ら3人は健常者です。

成功者?なのかどうかわかりませんが、仕事が終わり家に帰ればプライベートを満喫しています。

多分「普通」の人達かもしれません。

真面目に話をしたら「いい人」かもしれません。

だから、特別な能力や知能は持っていないと思います。

たまたま、弁が立ち、マスコミにもてはやされて運良く知名度が上がりビジネスとして

成功しているのでしょう。


だから「救世主」ではないのです


まず、あの自信満々の「目」が怪しいです。

そして、こちらが言い返せないくらいの弁が立ちます。

迫力もありますね。


しかし、彼ら3人はいきなり「正論」を当事者にぶつけて、「有無」言わさず

自分たちのペースにもっていき、自分たちの成功法則のルーチンをさせていきます。

だから、当事者は人権もなく、死亡したり傷害致死、拉致監禁、損害賠償というリスクを

追ってしまう現状なのです。


残念ですが、彼ら3人は「反省」や「罪」の意識はあまりないと思います。。。


なぜなら、ビジネスに徹しているからです。

お金が大好きなんでしょう!


私は「ひきこもり支援相談士」として、まだまだ知名度は低いですが、

地道に、ブログ・YouTube動画、行政への働きかけなどをして活動していきます。

過去のブログにも書きましたが、

彼らに負けない


日本一の「ひきこもり支援相談士」になります


どんなイメージでいくかは、この地道な活動(ブログ・動画・行政への働きかけ)で

いろいろと気づき、いろいろな方々と出会い、道は開けてくると思います。

最後に私の当事者へのメッセージはシンプルですよ!


「生きている。。。」


ただそれだけで、いいんですよ!

救世主なんていません。しかし、ご自身が自ら創造する救世主はいても全然OKです。


私は「天下国家」は語りませんよ〜

21回の閲覧0件のコメント