歯車が狂う!

最終更新: 11月16日


年商11億円・販売台数日本一・東京都内3店舗

会社の業績が年商11億円を超え運転資金も充分に回っていたのですが、翌年の決算は大赤字になりました。

過剰の設備投資と人件費の高騰でした。 ここで私は直ちに1つの支店を締めました。

そして本店の隣に中古車センターを作りました。

ある日、主力店長から退職の意向を受けました


ここで私の歯車が狂いました。

資金繰りや社員の士気には、それほど影響はなかったのですが、私自身の感覚でこれは間違った方向に行くかもしれないと思いました。

幸い、金融機関もメーカーも今までと同じ対応で応援してくれました。

しかし、私にとって主力店長はかけがえのない人材でした。

退職の意向を聞いて、しばらくのあいだは普通に仕事ができました。しかし彼がいなくなると今までのショールームと雰囲気が違いショックを受けました。

それから社員に対してヒステリックになり売上のノルマも高く言うようになりました。

創業時の社員は


無理を承知で受けて頑張ってくれました


運良く1台850万円もするドゥカティを15台予約販売できて売上自体、急激には下がりませんでした。

ニューモデルも入荷して集客もありました。

新しく作った中古車センターも利益率の高いビジネスになっていました。

不平不満の言う社員は誰一人としていません。

何から手をつけてよいかわからない自分

しかし、私の中では何か狂ってしまったと感じました。

案の定、私の予感が当たり続けて主力営業スタッフが2名退職しました。

新しい社員を補充することも考えましたが創業時の社員が頑張ってくれました。

また、家内も経理を担当してくれて励ましてくれました。

私も周りに助けられていることに気づき「感謝」というものが何か、


40歳になってやっとわかりました


先が不透明だけど、家内・社員に励まされる!


30回の閲覧
大河原ライフプラニング
代表:大河原 康
​ひきこもり支援相談士・心理カウンセラー・ファイナンシャルプランナー
〒208-0021東京都武蔵村山市三ツ藤3-50-3
☎:042-560-4936  FAX:042-560-4421
E-mail:okawara0912@gmail.com