独立・起業


32歳で独立起業!

前職を退社して1年間、父の建築会社で開業資金を作るためにバイトをしました。

そして、独立するパートナーには、前職の工場長を選びました。 本人に話をすると、なんと即答で承諾してくれました。


彼は私の営業力と運の良さを指摘してくれました


そして、2000年3月、31歳の時に独立開業しました。

ドゥカティ専門ショップです。資本金は300万円です。 場所は東京都東村山市で家賃17万円です。

必要最低限の予算でやりくりしたので無事オープンできました。

オープン時もたくさんのお客さんに恵まれました。

そして新車のドゥカティを在庫で4台仕入れて1カ月で売れてしまいました。

私はこの売れた車両の利益で、インターネットの自社サイトに力を入れました。

このホームページ制作会社も私の熱意に共感していただき、とても質の高いサイトが完成しました。


同業者にもかなりインパクトがあったらしいです


効果はすぐにあらわれ対応に追われスタッフの増員をしました。

持ち前のハングリー精神で


人がやらないこと、

人がやりたがらないこと、

人と違うことをやること、


を信条にしていました。私と工場長のコンビは良好で彼も体を惜しまずフル稼働で働いてくれました。

オープンしてはじめてスタッフにボーナスを支給しました。

スタッフの喜ぶ顔を見て私は安心しました。 達成感もあり、うれしくて友達と飲みに行き、そのうれしさを話して延々と飲み続けわけがわからなくなってしまい酔い潰れてしまい


近所の河川敷で吐いて寝てしまいました


なんとわたしは朝までそこの河川敷にいました。しかし、そのくらいの達成感とやりがいを感じました。

売上も安定して、初めての決算は黒字でした。

まだ経営者になって浅かったので簿記の知識はありましたが、損益計算書や貸借対照表の分析の仕方は勉強不足でした。 販売台数が1年目から好調で2年目も右肩上がりになってきている時です。

メーカーからドゥカティ本社がデザインするメーカーCI基準の店舗展開、ドゥカティストアをやってくれないかとオファーをもらいました。

わたしは既にあるドゥカティストアを見に行きましたが、あまりにも設備投資に資金が必要で格が違うと思いました。


もし、自分の会社で実現したらと夢に感じました


しかしメーカーの担当者は東京都で最初にやってほしい、可能な限りの協力はするからと熱意を込めていわれました。

しかし私は現実的ではないと思い、目の前のことに集中して会社の実績が上がった時に考えようと思いました。


まさに芸術品!!

16回の閲覧
大河原ライフプラニング
代表:大河原 康
​ひきこもり支援相談士・心理カウンセラー・ファイナンシャルプランナー
〒208-0021東京都武蔵村山市三ツ藤3-50-3
☎:042-560-4936  FAX:042-560-4421
E-mail:okawara0912@gmail.com