生きる意味

最終更新: 8月14日


ひきこもり・登校拒否の当事者の方へ、

生きる意味を考えていませんか?

私も50歳で2年間ひきこもり「自問自答」して生きる意味やこれからの人生の後半に向けて考えましたよ。


そんな状況の中で「占い」にハマリました


元来から占いを信じるタイプでしたが電話占いにハマリ「200万円」散財しました。

この体験での結論を言いますと自己満足で「答え」を探しまくりました。


四柱推命、九星気学、タロット、霊感、算命学、紫微斗数、水晶、姓名判断、手相、ルーン

断易、スピリチャル、オーラリーディング、宿曜占星術、西洋占星術などです。


ほとんどの占いに手を出しました。

もちろん当たっている事もありましたが、私が満足する「答え」は出ていません。

しかし、今となっては散財しましたが、全てノートにメモしたので自分なりの良い財産だと

思うようにしてますね。


じゃあ、はたして生きる意味って必要なのでしょうか?

人間は高度な脳と心を持っているから、良い時は幸せに感じ、悪い時は不幸に感じます。

そんな不幸になりたくないし、悩んでも答えがほしい時に


人間社会は神様や仏様を創造して

宗教を確立しました



私は宗教は肯定します。仏教、キリスト教、イスラム教も全て素晴しいし、たくさんの人々

を救ってます。

だから、当事者の方々も宗教の初歩的な考えや意味を知るのは良いと思います。

私個人的には、日本の仏教、特に奈良時代から平安時代にかけての仏閣に魅力を感じてます

日本の仏閣はオリジナル度が高く、第二次世界大戦の時、米国軍が日本の仏閣には爆弾を落とすのを避けました。欧米人からみても、日本の仏閣は特別で神格的に見えて価値を感じた

のだと思います。


それでは、生きる意味は何なんでしょうか?


私はそんなにないように感じます。

明石家さんまさんの名言で「生きているだけで丸儲け」や

五木寛之先生の著書で「生きているだけで素晴しい」というのがあります。


しかし、当事者の方々や私がひきこもりの時は、そんな境地になれないと思います。

けど。。。


それでいいんです

「ただ生きている」

ということで、いいんです


「生きる信念」「生きる理念」「生きる価値」「生きる素晴らしさ」「幸福度」

などなど、ありますが健常者で元気のある方々は重要だと思います。

それがモチベーションになり、大学進学や社会に出て出世や起業して成功することに

必要かと思います。

私も経営者の頃は自己啓発のセミナーに30種類くらい通い「自分を奮いたたしていました」そして結果も出していました。


私はひきこもり当事者になり「まとも」になって「生きる意味」を深く考えると

生きているだけでいいという境地になりました。

しかし、それには共存して生活をお互い支えてくれる家族への感謝の気持ちが大切だと

気づきました。

だから、あまり大きいことを望まず、


食器洗い

トイレ掃除

料理

買い物

洗濯


など出来ることから、少しづつやって「共存共栄」の努力をしています。

なぜなら、生きるためなら必要な行動だからです。

当事者の皆様へ、すぐには無理だと思います。

しかし少しづつ家族の共存のために手伝えば家族の方は笑顔になり幸せの波動が起き

良いことがたくさん起きると思います。

そうしたら、当事者の方の顔も変わり


当事者なりの生きている意味に気づくと思います






13回の閲覧