私が尊敬する経営者!


今のご時世、たくさんの経営者がいます。

過去に私も経営者でした。

ビジネス本に掲載されたり、業界の専門誌にもたくさん取材・記事として紹介されました。


経営者時代は、それこそ結果を出す人がとても魅力的な経営者に感じました。

だから、結果を出したり、その一時代を築いた経営者はとても憧れましたし、尊敬していました。


50歳になり自分の人生が180度変わりました。

会社破綻、ひきこもり、重度の精神疾患です。

そして、たくさんのリハビリやライフスタイルの改善に取り組み、少し「まとも」になりました。まだまだ全盛期のようにはいきません。もう昔のように動けないかもしれません。

しかし、良い意味で諦めて、出来ることを集中していけば良いと思うようになりました。


現在は「ひきこもり支援相談士」を個人でやってます。

ある意味、個人事業主ですね。

だからと言って、昔のように「社長」とか「経営者」という意識はそんなにありません。

これから、事業が拡大しても、同じような気がします。

自分自身がやりたいことが明確でリスクヘッジが出来ていれば良いと感じてます。


そんなこんなで、第二の人生で人生観が変わり尊敬する経営者が以前と比べて変わってしまいました。これは成長したのかどうかわかりませんが、ひとつ言えるのは、経営者は結果も大切ですが、その事業におけるプロ意識、流儀みたいなものをヒシヒシと感じる経営者が

とても魅力的に感じるようになりました。



私は、読売グループの渡辺恒雄さんをとても尊敬します。

現在は、現場のトップは引退されていますが、昭和・平成の時代の読売グループのトップとして君臨していました。


私はどちらかというと、アンチジャイアンツなんです(笑)

だから、読売ジャイアンツはファンではありませんが、このナベツネさんは大ファンなんです。逆に時代的に「アンチ・ナベツネ」の方が多いかもしれませんねー


では、なぜ私がナベツネさんが大好きかというと、

この方、経営者としてはもちろん、現場上がりの政治記者としてもとても優秀ですが、

なによりも、「人間」という知能と心を持った動物を、自分なりに体得して具現化して表現

できている人物だと思います。


昭和・平成の時折の権力者はナベツネさんを敵に回したり、干したりしていません。

ナベツネさんは読売グループのブランド力を守り、中立・公平な立場で世の中に情報を配信してきました。だから、時折の権力者が無理難題を言ってきたかもしれませんが、現場上がりの政治記者だから、返す言葉もシンプルかつ頭脳明晰だったと感じます。


ホリエモンが球団買収で名乗りを上げて一躍「時」の人になりました。

その後、ナベツネさんに「俺の知らない奴はダメだよ!」と一蹴されました。

ホリエモンも謙虚さに欠けていましたが、ナベツネさんも大人げないことを連発していた

記憶があります。


しかし、これはナベツネさんの瞬時の作戦で、ホリエモンという相手のレベルに合わせた

対応だったと感じます。

これが、一部上場企業や、プロ野球の歴史に影響があるような、お相手ならナベツネさんも

対応が違ったと思います。

そして、案の定、ホリエモンは干されてしまいます。当時ホリエモンは1000億円以上持っていると聞きましたが、ナベツネさんにはそんなことは通用しなかったんですね。


あと、読売ジャイアンツをこよなく愛していた1990年代は、すごかったですねー

もう札束打線だとか、七人の四番打者だとか、日本の景気をそのまま利用してお金で球団を

コントロールしていました。

これは、賛否あるないでなく「悔しかったら、やってみろ!」の世界です。


とにかく、ナベツネさんはとても魅力的な人です。

昭和の時代を築いた偉大な経営者はたくさんいます。

松下幸之助さん、本田宗一郎さん、稲盛和夫さんなどなど素晴らしい人がいます。


私も経営者時代は憧れて、経営セミナーに行ってたくさんの事を学びました。

ある意味、ロマンも感じていました。

しかし、どこかズレていたんでしょう。。。

でなければ、自分で経営破綻はしませんよね(笑)


そして、たくさんの失敗から学び、一歩ひいて経営者として尊敬する人は?

と考えると、ナベツネさんなんです。

先程、名前を上げた、経営者の方々はこちらの勝手なイメージや美談が多いように感じます。だから真意がすこしボヤけて感じるように思いました。


しかし、ナベツネさんはリアルタイムで見てきたので

美談も感じないし、自然体で受け入れられるんです。


もう、90歳の半ばになりますが、いまだに読売グループの本社にオフィスをかまえています。よく「レジェンド」という表現がありますが、

ナベツネさんは間違いなく日本の「レジェンド」ですよ!


これからも、日本でも優秀な経営者は輩出されると思いますが

ただ運良く時代が味方して大金が舞い込んだ経営者より

実力でのしあがり、ワンマン経営のふりをして、実は部下や理解者を大切にしている

ナベツネさんのような経営者には憧れますねー


14回の閲覧0件のコメント