私の「死生観」


私は精神障害者です。

双極性障害になり14年になります。

双極性障害は精神病の中で一番、自殺率が高いと言われてます。


故に、

私は5回、自殺未遂をしました。

原因はいろいろありましたが、シンプルに死にたいから自殺しようとしたんです。


さて、現在はいろいろと乗り越えてきて、だいぶ考え方や意識も変化してきました。

過去に自殺未遂をして「死」を留まったのは、残された家族に、とてつもなく迷惑をかけると思い「死」の直前で回避したり、奇跡的に助かりました。


ここ最近、私はとてもおもしろいビジネスを思いつきました。

これは、やる価値はあると思い挑戦しようと決めました。

しかし、私は破綻者なので、お金を借りることができません。。。


かと言って、友人や知人、またはお金持ちの知り合いに「命乞い」をしてまで

お金を借りようとは思いません。

仮に借りれたとして、そのビジネスを迅速にやっても「人生」おもしろくありませんよ!


私はある日「決断」しました。

障害者雇用で働き、ビジネスの挑戦の為の「軍資金」を集めるためにがんばると決意しました。


先日、障害者雇用の適性検査で、組み立て作業、清掃作業、パソコン作業、DM作りなどを

やりました。

その昔は、若手経営者で「成功者」として業界に認められていました。

それが、10年後に重度の精神疾患者になり、会社を廃業して、50歳で2年間ひきこもり

全てを失いました。


プライド???

そのような意識はありませんねー

しかし、原因や理由はわかりませんが、また立ち上がれましたよ!


あしたのジョーの「矢吹丈」のように、倒されても倒されても、そこから学び、気づき

立ち向かっていく自分がいます。

理由のない使命感と根拠のない自信ですねー


50歳過ぎのおっさんがこういう事をいっていると、ちょっと変ですが、

それが事実であり、結果を出していく勇気が湧いてくるんです。


多分、この境地になって、これから年を重ねても「元気」であるうちは、何度でも挑戦して

また、「鬱状態」になっても這い上がってがんばると思います。


そして何歳で枯れ果てるかわかりませんが、

やるだけやって「矢吹丈」のように真っ白になって枯れ果てるのが私の理想ですね!!!


13回の閲覧0件のコメント