私の考え(東京オリンピック)


楽天グループの三木谷社長が会見で東京オリンピック開催は自殺行為だと力説しました。

そしてソフトバンクグループの孫社長も同調したコメントをしている。

その他、著名な民間企業の経営者も同じような事を言ってます。


しかし、私の考えはシンプルです。

開催するしないは、バッハさん・橋本さん・小池さんで決めればよくて、

それを後押しするのが国政で菅総理がインパクトを与えれば良いだけです。

この人達は「今」うかつなことが言えないんです!


彼ら個人のリスクでなく、国レベルのリスクをマネージメントすることを考えると

うかつなことを言って、国を混乱させてしまっては、どうすることもできなくなり

日本のイメージが悪くなり、IOCはもう二度と、というか一生、日本にはオリンピックを

やらせないということになります。


だから、関係者なり・当事者なりの大義名分や順序をおって、判断・決断すればよいと

思います。それはギリギリになってもいいと思います。


これを、スポンサー企業とはいえ、社会的な影響力のある人達が一方的に言っても

当事者の方々は困ってしまいます。


たしかに、オリンピック選手が一番、気の毒で不安だと思います。

特に大病から復活した池江璃花子さんの勇姿は誰もが見たいですよね。


だけど、東京オリンピックをやる・やらないは先程の当事者、3名が決めればいいこと

だと思います。

もちろん「コロナ禍」の現状は誰も皆、わかっているんです。


あと、今回の東京オリンピックって、最初からつまづきましたよねー

何よりも、東京オリンピックの「ロゴ・デザイン」がわけのわかない若いデザイナーが突然

出てきて、オラオラ感たっぷりで「ロゴ・デザイン」を公表してから、デザインのパクり疑惑を追求されてしまいました。


あれは、イメージ落としましたよねー


あと、本来、東京オリンピックの開催までこぎつけた功労者は前々東京都知事の猪瀬さんです。しかし、その後「献金疑惑」で失脚してしまいました。

あの時、なんで猪瀬さんを助けなかったのか不思議です。


そういう意味では、小池都知事はいいとこ取りするのは、とても上手な政治家です。

だから、小池都知事が同じ女性である橋本さんを味方につけて、バッハさんと決断すれば

良いイメージといか、遺恨もなく判断・決断できると思います。

蓮舫さんは黙っとけ!という感じです(笑)

13回の閲覧0件のコメント