私は「発達障害」です!


先日、一人でイオンモールに買物に行ったんですが、帰りに車をどこに駐車したか

わからなくなり「パニック状態」になりました。

日本のイオンモールで一番広い駐車場とも言われているので、どこをどうやって探してよいかわらなくなり、2時間くらいかけて探してしまいました。


これは、私自身よくあることで、そうならないためにスマホで駐車した場所を撮るんですが

今回は忘れてしまいました。ホント情けないです。


要するに方向音痴で、都内の道も一度パニックになると迷ってしまいます。

さらに、音感も無く、とても音痴でカラオケが苦手なんです。


また、学生時代に数学がまったく理解できず、先生方に飽きれられてしまいました。

通信簿には「落ち着きがない」とよく書かれました。


ところが、海外に行くと不思議と方向や流れが理解できたり、現地の人とコミュニケーションがとれます。韓国、香港、中国、イタリア、ドイツ、フランス、スペイン、南アフリカなどなどに行きましたが不思議と危険な目にも合わなかったです。


今の大人は発達障害的な表現をやたら使おうとして子供達が少しでもあてはまるような感じだとおしつけてしまいます。


しかし、サヴァン症候群という言葉がある通り、発達障害でありながら得手不得手があります。得意分野がある子供や大人も多いのが現実です。


私も、どちらかと言うとサヴァン症候群なのかもしれません。

本田技研の専門学校(情報処理科)出身なんですが、プログラミング言語の「コボル」や

システム設計がダントツでよくトップでした。しかも、一瞬で理解できてこなせました。

ところが、理数系の科目はダメダメでした。


社会人になり、営業職を10年こなして、経営者を20年やりましたが、

財務会計はすぐに理解できて、決算書は10分もあれば分析やどうしたらいいとか、こりゃ無理だとかがわかります。


現在は、このウエブを自分で制作したり、自分で名刺やチラシが出来るようになりました。

50歳を過ぎて体得しました。しかも悪戦苦闘せず、イメージが湧いて出来ちゃいました。


とりもなおさず、私は「発達障害」なのかもしれません。

こういうことをカミングアウトすると、ひく人もいると感じます。

だけど、発達障害でお悩みの方々のお気持ちは私のような当事者だと共鳴いただけると

感じます。これが、スクールカウンセラーや心理カウンセラーなどの方々は体系的なプログラムやシステム及び経験値で対応されますが、私も受診したことが何回もありますが、

お相手に何か完璧を求めていて、本人の人格や性格はそれぞれ違い、「個性」「キャラクター」として容認してあげないと前へ進めません。


だから、私は前述したとおり、駐車した車の場所がわからなくなって2時間探しても

これは、自分の「個性」だと受け止めなければ前に進めません。


これを、主体性だの認知の歪みだの、原因と結果の法則、「原因論」「結果論」などなど

心理学的な表現を使ってもその時は納得しますが、人間そう簡単にはいきませんね。。。


私は、2時間、車を探してパニックになりましたが、良い運動になったと解釈しています。

16回の閲覧0件のコメント