結婚について

最終更新: 2月8日



私は内縁生活1回と結婚生活を2回、経験しています。

とても自慢できることではありません。

20代前半の頃は結婚に憧れがありました。

当時、テレビのCMでライオンズマンションを購入した新婚さんが尾崎亜美さんの曲をバックに登場した場面は魅力でした。


結婚とは、人生最大のイベントです


どの国でもお祝いと儀式に従って結婚式をあげます。

とても幸せなことです。

特に女性は、憧れのウェディングドレスを着ます。

とても素敵なことです。 私は友人や社員の結婚式のスピーチや二次会の司会を頼まれることがあります。

何度と経験するうちに気づいたのですが、周りを盛り上げようと思わず、新郎新婦にお祝いと幸せになってほしい気持ちで対応することが良いと思いました。

結婚は、縁だと思います


付き合って3ヶ月で結婚する人もいれば、付き合って10年で結婚する人もいます。 そして、子供ができてライフスタイルが変わります。

女性は母親になり男性は父親になります。

母親になった女性は父親の男性よりたくましくなると思います。私は尊敬します。 子供にとって母親は絶対的な存在です。私も父親より母親の愛情が深かったように感じます。また、縁がなくシングルマザーになってしまった方の、お話を聞くと


とてもパワフルで印象的です


以前、テレビで結婚について議論されていて、結婚は男女の契約だと言った方がいました。確かに結婚したら、役所に婚姻届を出せば法的には結婚が成り立ちますが、結婚は人生最大のイベントです。

その人生最大のイベントを契約という言葉だけで、処理してしまうと


しらけてしまいます


最近は、高齢者の男女が一緒になり結婚はせずお互いパートナーと呼び合う関係になるケースがあります。

私は、これはこれで有りではないかと思います。

お互い結婚という固定観念に縛られず幸せに余生を過ごすのは良いと思います。

今の私は独身です。内縁生活も含め3回も経験しています。

ましてや、精神障害者です。

今は、特定の彼女を作ることや、結婚願望はありません。

しかし、双極性障害が回復して社会復帰して、ライフスタイルが変わりどうなるかわかりません。しかし、女性から恋愛や人生の相談を受けて、お相手が満足されるのは嬉しいです。私に彼女ができるか、また結婚するかは、縁とタイミングです。

しかし今の自分にどうしても必要かというと


そうではありません


女性を意識する気持ちはあります。

しかし常識を考えると50歳も過ぎたおじさんがギラギラしているのも、かっこよくありません。穏やかに、謙虚に、しかし、いける時は一気にいくパワーを持ち体も鍛えて


自分らしく自然体で生きていくつもりです!

8回の閲覧0件のコメント