逮捕されそうになりました(スクーター編)


たしか、私が16歳の高校生の頃でしたね。。。

先輩たちと夜遊びしてウキウキしていました。

私が家に帰ると言ったら、1コ上の先輩が送ってやると言われたの

躊躇なく「ありがとうございます」と言って先輩にノコノコついていきました。


そして50ccの原付き「パッソル」の後ろに乗れと言われて、

「あれっ原付きで二人乗りはダメじゃないですかー」と言ったら

先輩は「関係ねーよ、バリバリだぜー!」と言っています。


私は何かあっても、後ろだから大丈夫だと感じ、送ってもらいました。

そして、カーブが多い道に入ると、パトカーがいました。

しかし、先輩はよせばいいのに蛇行運転をしはじめて、パトカーを煽ってます。

私は、怖くなり「降ろして下さい!」と言ったら

「パトカーなんか目じゃねーよ、上等だよ!」

「〇〇二中なめんじゃねーよ」となぜか中学校の名前をだしていました。


私は、すぐに捕まると思ったらこれが以外や以外、先輩はどんどん振り切っていきます。

後ろを向いたら、パトカーは3台で追いかけてきます。

30分くらい逃亡したら、5台のパトカーに待ち伏せされて、警察官が10人くらいで

こん棒を持って振り回し、中には拳銃で私達を威嚇してあえなく御用です。。。


先輩、、、

16回信号無視、危険運転、原付二人乗り、公務執行妨害で現行犯逮捕です。

私も同伴していたので両脇と頭を押さえつけられてパトカーに連行されてしまいました。


そして、警察署の少年課で二人それぞれ個室で尋問です。

私は素直に応じていたんですが、身元確認で財布を調べられたら、当時の地元の暴走族の

総長の名刺を持っていて、これが命取りで、尋問の警察官に怒られて

私はその暴走族なのか?その総長とどういう関係か?を細かく聞かれて、

トイレにも行かせてもらえず、まいりましたねー


残念にも先輩は、免許証取り上げで罰金35万円です。

しかし、後日、私の両親と先輩の両親が話し合い、罰金を折半しました。


2周間くらいしたら、尋問の担当だった警察官が私の素行を調査していました。

本当に高校に通学しているのか?

そしてある日、警察官は高校の担任と話していました、

私は公式テニス部では真面目にやっていて校内ではナンバーワンだったので

私の部活中に見に来た警察官は笑顔で喜んでくれて、


「お前は不良なのか真面目なのか、よくわからないけど、あの練習姿はスゲーよ」

と言ってくれました。


結果、私は無罪放免で免許証も減点されず、さらに逮捕歴はありません。

しかし、今思うと何で暴走族の名刺を持っていただけで、あんなに吊るし上げられなければならないのか不思議です(笑)


12回の閲覧0件のコメント