逮捕されそうになりました(電車編)


そーですねー

私が24歳ぐらいの時ですかね。。。

オートバイ事業の大手の会社に勤めていた時です。


当時の私はオートバイに乗りイケイケだったので、自分自身が路上の世界グランプリライダーのつもりで走っていました。そんな時、不運にも会社帰りの路上で自転車がこちらに猛スピードで正面衝突して相手は無傷でしたが、私が左手の中指の先っちょを骨折してしまいました。その後、当て木をされて包帯でぐるぐる巻にしてリハビリしていました。


オートバイ通勤ができなくなり、私は京王線で通勤していました。

当時の私の出で立ちは、映画「ハーレーダビッドソン&マルボロマン」のミッキーロークに憧れて、革ジャンに、クロムハーツのブレスレット類をしてサングラスをかけ、髪型も短髪に切り、ミッキー・ロークを気取っていました。


そんな、ある日、京王線で20代ぐらいでワイシャツをおおっぴろに開けて巨乳丸出しのOLが満員電車に出くわして、私は。。。

「こりゃ、手強いなー」

と思い、なるだけ他のことを考えて股間が立たないように努力していました。

調布を過ぎたあたりで50代ぐらいのサラリーマンが彼女に近づいているのがわかりました。私は左手を怪我しているので、その手を守るのが必死でした。


そしたら、そのOLが悲鳴を上げて、怒鳴りました。

乗車している人達は、なぜか私を一斉に見ています。

そうなんです。

見た目で判断されてしまいました。しかも左腕を上げて、左手の真ん中指が包帯でまかれて

それこそ、パンクロッカーの

「FUCK」ポーズだったから、もう目立ったんでしょうー


明大前の駅で被害者の彼女は50代のサラリーマンを腕尽くでおろしているのにもかかわらず、なぜか私も、3人の男性に取り押さえられてしまいました。

被害者の彼女と目が合い、

「この人はやってませんよー」

と言ってくれました。

その後、駅員や警察が来て通勤ラッシュ時だったから大騒ぎですよ。。。

しかし、なぜか、みんな私を見て「あーこの人がやったんだー」という空気です。


加害者の50代のサラリーマンは駅員や警察にそーっと連行されています。

ほんと、私は恥ずかしかったですよ。


その後、会社に1時間くらい遅刻していき、

理由を言わなければならなかったんですが、面倒くさかったので寝坊したとウソ

言いました。


しかし、ハニートラップにかからなくてよかったですよ。。。

ちなみに、前述した巨乳を当てられてやばくなり、他のことを考えたと書きましたが

何を考えていたかというと「富士山」をイメージして心の中で「富士山は美しい!」

とずーと考えてイメージしていました。だから冷静で立たなくてすみましたよ。


くわばら、くわばら(笑)


25回の閲覧0件のコメント