50歳過ぎたら年齢を気にするのは、やめましょう!



このブログを見ていただいている、40代ぐらいまでの方々は、まだまだ人生ありますから

お楽しみにして下さい。


しかし、50代くらいから第二の人生が幕開けしますが、

たぶん50代以降の皆さん共通して「加齢」に違和感を感じませんか??

血液検査の数値、腰が痛い、目が悪くなる、耳が遠くなる、歯がガタガタ

白髪が急激に増殖する、うつっぽくなる、立たない、上がっちゃう。。。。。


しかし、

それ。。。普通なんですよ!


苦労している、していないとかじゃなく、みんな平等に与えられたことなんだと思います。

あとは、個人差であったり経済的な余裕で若く見られるように努力されている方々もいます

よく、いい年のとり方って言うじゃないですか!


私にはよくわかりません


確かに順風満帆で年を重ねて、経済的に豊で、ボランティア活動などをしたり寄付をしたり

する方々がいますが、じゃあそういう方々が100歳以上生きているかというと、あまり

そういう話は聞きません。


実際私が、介護施設などで100歳以上生きている人達は「普通」の方々で、

そんなに年齢のことを意識している感じはしません。

廻りが「100歳、100歳」と言っているように感じます。


あと、気づくのは50歳くらいから、人相が変わってきます。

別に人相が良いとか悪いとかはどうでもいいと思います。

その人の人生観が表れて


私は自然だと思います


私が目指すのは「年齢不詳」です。

「この人いったい何歳なんだろう。。。」

若いのか年取っているのか、わけがわからないみたいなミステリアスというかスピリチャルみたいな感じの人って


憧れます(笑)


例えば「郷ひろみ」です。

もう、60歳以上なのにあの踊りと歌声はすごいですし、髪の毛が真っ黒でフサフサです。

別にファンじゃないんですが、年齢不詳でちょっと怪しくて、しかし仕事をちゃんとこなすのは尊敬しますねー


ではでは、、、