生涯現役

更新日:2月8日


生涯現役のお手本は「83歳」の父です!

私は可能な限り、生涯現役でいたいです。

双極性障害になり、自殺未遂をして家族に支えられて命の尊さに気づきました。

いつまで働けるかわかりませんが


健康ならば80歳くらいまで働きたいです


それには、脳と身体を動かすことです。

年齢を重ねると特に身体が老いてきます。

これは自然なことです。

だから年相応でいいと思います。

双極性障害とは一生付き合わなければならないと覚悟しています。

もしかしたら完治するかもしれません。 今は自然体で無理をしないようにしています。

高齢になっても生涯現役でいようと思っています。

しかしあまり貪欲にならずマイペースで稼ごうと思っています。

若者の感性は大好きですねー

また、ボランティア精神もあっても良いかと思います。

特に悩める若者で才能があり悩んでいる若者にはアドバイスをして元気になって進むべき道をしめしてあげられたらと思います。

今でもそうですが、元気な若者と会話すると独特なエネルギーをもらいます。

エネルギーをもらった私は若くなった感覚になります。

そして今の自分の価値観とちがう価値観を感じるととても勉強になります。 生涯現役でなんの為に働くかというと


自分のためです


自分が健康で経済的に余裕がなければ家族や他人を幸せにできません。

私は50年間生きていて、お付き合いしてこちらが、精神的にも金銭的にも損をする相手がいると気づくときがあります。

うまく、利用するだけ利用されて、相手が満足したらそれで終わりというケースがあります。女性関係でも経験があります。

最近では私が双極性障害の精神薬で20キロ太りました。

あの手この手で私に近づかれ、高い健康食品を買ってしまいました。

もちろん効果などありません。

しかし相手からはしつこく電話がかかってきて私にとって一線を超えたので、キッパリやめました。


自分でも愚かだなと思いました


生涯現役を目指す以上、これからもいろいろな人達と出会います。

私の経験からすると、見栄を張り、お金持ちぶっている人は危険だと思います。

そして人の弱みにつけこんできます。


私は正攻法で生きていきたいと思います


正攻法の道を辿ると後戻りしても後悔しませんね!

不思議とオートバイで商売していた時は危険なお客さんとは出会いませんでした。

クレームでも、あまりに方外なことを言う人はいませんでした。

また、お金を貸してくれとか、売掛金の未回収もありませんでした。


これも正攻法で商売をやってきたからだと思います


サラリーマンの方が60歳で定年を迎え、それからの人生の余生を過ごす時代は終わったと思います。

高齢化社会になり、いまの60代、70代の人達はとても元気です。

皆さん第2の人生を模索して社会と接しています。

私も、これからどんな自分になっていくかわかりませんが、生涯現役で人に喜ばれる正攻法で、経済的にも充実していきたいものです。

13回の閲覧0件のコメント