「夢」

最終更新: 2月8日


極楽、極楽。。。

私の夢はシンプルに健康で長生きをすることです。

過去に、高価な外車に乗り、贅沢で美味しいものを食べ、美味しいお酒を飲んだり、ブランド物の服や靴を買ったりしました。

家族と全国のいろいろな温泉旅行へ行きました。

イタリアに何度も行きリッチな旅を満喫しました。

私が破産して、過去の贅沢に対して未練は全くありません。

たしかに良い経験はしました。

これから、わかりませんが再び経済的に豊かになっても


あまり贅沢はしないと思います


身だしなみには、ある程度お金はかけると思います。

私がイタリアに行った時、年配の方ほど身だしなみがしっかりして、おしゃれだったのにはビックリしました。

日本人でも、身だしなみがしっかりしている、年配の方を拝見すると憧れます。

若い頃や、自己啓発セミナーなどに参加した時は大きな夢を持ちました。

しかし50歳を過ぎてくるとあまり大きな夢を語ったりするのは自分に合ってないと気づきました。別に年老いて夢を捨てたわけではありません。

また、経済的に豊かになろうという目標はあります。


ようは、満足するかしないかだと思います


何歳になっても、見栄をはって満足している人はいます。

私は精神障害者社会復帰施設で20代30代の若者と話をして彼らの夢を聞くと元気が出ます。そんな彼らにエールを送るととても喜んでくれます。

若い頃は大きな夢を抱きそれに向かうべきです。

しかし私のような50歳を過ぎてきたら、自己実現を意識して自分ができることをやるのが良いと思います。

別に人生、諦めたわけではありません。

自分ができる、がんばり方、努力の仕方で結果がでると思います。

その結果を積み重ねて、自信につなげ健康を維持して長生きできれば私は幸せです。

私が破産して、他人の不幸は蜜の味ではないですが、影口をたくさん言われました。

しかし弁護士が対応して裁判所から免責を受けました。

私の家には債権者は来ませんでした。

私はこの時、双極性障害が悪化して目の前のことをこなすのが精一杯で


夢や希望なんかありませんでした


双極性障害になり生きる気力がなくなりました。

毎日、死ぬことばかり考えていました。

周りの友人も去り、家内とも離婚しました。

お金もなくなりました。


無残なものです。。。


やがて時が経ち、自分自信を取り戻してきました。

そんな中で自分の夢を考えて感じたのは健康で長生きすることでした。

私は自分を信じて生きることにしました。

そしてたどり着いた夢は


健康で長生きすることです



13回の閲覧0件のコメント